早稲田大学 知覚情報システム研究室

コミュニケーションを科学する,研究室

LATEST NEWS

2015/10/23

日本音響学会 第12回学生優秀発表賞

2015/09/17

日本音響学会 第11回学生優秀発表賞

2013/12/01

HAI-2012 Outstanding Research Award 優秀賞

2013/06/01

2012年度人工知能学会 研究会優秀賞

HIGHLIGHTED PROJECTS

パターン認識音響信号処理

環境や発話スタイルの変動に頑健な音声認識システムを実現するために、音声認識に用いる確率モデルや探索アルゴリズムについて検討を行っています。

ヒューマンインタフェース/アプリケーション

音声認識において必須である語彙情報の定義の負荷を軽減するために、ウェブ上に散在する言語資源を自動的に収集し、高品質化を可能にするウェブシステムを開発しています。

ロボット

ROBISUKE(ロビスケ)は、人と自然な会話が出来るロボットを目指して開発されています。人同士の対話では無意識のうちに自然に行われるターンテイキングを目指しました。

PUBLICATIONS

2015/09/25

Yoichi Matsuyama, Iwao Akiba, Shinya Fujie and Tetsunori Kobayashi, Four-participant group conversation: A facilitation robot controlling engagement density as the forth participant. Computer Speech & Language, Vol.33(No.1):1-24, September 2015

2015/02/01

Yoichi Matsuyama, Akihiro Saito, Shinya Fujie and Tetsunori Kobayashi, Automatic Expressive Opinion Sentence Generation for Enjoyable Conversational Systems. IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech, and Language Processing, Vol.23(No.1):pp.313-326, Feburary 2015

2013/03/01

Tetsunori Kobayashi, Shinya Fujie, Conversational Robots: An Approach to conversation protocol issues that utilizes the paralinguistic information available in a robot-human setting. Acoust.Sci. & Tech.34, 2(2013):pp64-72, 3 2013

2003/01/01

Yosuke Matsusaka,Tsuyoshi Tojo,Tetsunori Kobayashi, Conversation Robot Participating in Group Conversation,. Trans. IEICE, Vol.E86-D(No.1):pp.26-36, Jan. 2003. (松坂要佐, 東條剛史,小林哲則, “グループ会話に参与する対話ロボットの構築,” 電子情報通信学会 論文誌DII, Vol.J84-D-II, No.6, pp.898-908, June. 2001.)[電子情報通信学会論文賞受賞論文]

© 2015 Perceptual Computing Group, Waseda University. All Rights Reserved