早稲田大学 知覚情報システム研究室

  • English (United States)
  • 日本語

林 良彦

 

hayashi_yoshihiko_resize早稲田大学 大学院基幹理工学研究科 情報理工・情報通信専攻教授 (任期付).

博士課程教育リーディングプログラム「実体情報学博士プログラム」担当.
GCS研究機構知覚情報システム研究所員 (兼任).

研究領域: 自然言語処理,意味コンピューティング,情報アクセスシステム.

 

略歴

  • 1981.3 早稲田大学 理工学部 電気工学科 卒業
  • 1983.3 早稲田大学大学院 理工学研究科 博士前期課程 修了
  • 1983.3 – 2004.3 日本電信電話株式会社勤務
    • 退職時: サイバースペース研究所 主幹研究員・グループリーダ
    • 1994.1 – 1995.2 スタンフォード大学 言語情報研究センター 滞在研究員
    • 1996.3 早稲田大学 博士(工学)
    • 2000.4 – 2002.3 早稲田大学 大学院国際情報通信研究科 非常勤講師 (担当科目:自然言語処理)
  • 2004.3 – 2014.9 大阪大学 教授 (大学院言語文化研究科 言語情報科学講座)
    • 2004.6 – 2006.3 日本電信電話株式会社 コミュニケーション科学基礎研究所 客員研究員 (兼業)
    • 2005.11 – 2010.3 独立行政法人情報通信研究機構 専攻研究員 (兼業)
    • 2006.4 – 2010.3 大阪大学 大学院情報科学研究科 教授 (兼任)
  • 2014.9 – 現在 早稲田大学 教授(任期付) (大学院基幹理工学研究科 情報理工・情報通信専攻)
    • 人間文化研究機構 国文学研究資料館 古典籍共同研究事業センター運営委員会委員 (2016-2018年度)
  • 国内学会: 言語処理学会理事・評議員,情報処理学会自然言語処理研究会幹事,情報処理学会,
    人工知能学会,言語処理学会などの会誌・論文誌編集委員などを歴任.

    • 言語処理学会第24回年次大会プログラム委員長 (2018年).
  • 国際学会: 国際会議 (LREC, AAAI, COLING, ACL, LDL (Linked Data in Linguistics), MSW (Multilingual Semantic Web) など) のプログラム委員・査読委員などを担当.ジャーナル (LanguageResources and Evaluation, ACM  Transaction on the Web, Semantic Web Journal, Terminology など) の査読を担当.
  • 表彰:
    • 平成29年度 科研費審査委員表彰
    • 2015年度 人工知能学会研究会優秀賞
    • 2013年度 大阪大学総長顕彰 (研究部門)
    • 電気通信普及財団・第17回テレコムシステム技術賞 (2001年)
    • 情報処理学会40周年記念Best Paper of 90’s賞 (2000年)
    • 日本電信電話株式会社・社長表彰・発明考案賞 (1998年)
    • 日本電信電話株式会社・研究開発本部・本部長表彰・研究開発賞 (1998年)
    • … など

 

主要論文

  1. Koji Hirakawa, Kotaro Kikuchi, Kazuya Ueki, Tetsunori Kobayashi, Yoshihiko Hayashi, Ad-hoc Video Search Improved by the Word Sense Filtering of Query Terms. AIRS 2018, pp.157-163.
  2. Mao Nakanishi, Tetsunori Kobayashi, Yoshihiko Hayashi, Answerable or Not: Devising a Dataset for Extending Machine Reading Comprehension, COLING2018, pp.973-983.
  3. Mika Hasegawa, Testunori Kobayashi, Yoshihiko Hayashi, Social Image Tags as a Source of Word Embeddings: A Task-oriented Evaluation, LREC2018, pp.969-973.
  4. 高津弘明,福岡維新,藤江真也,林良彦,小林哲則.2018. 意図性の異なる多様な情報行動を可能とする音声対話システム, 人工知能学会論文誌, Vol.33, No.1.
  5. Mika Hasegawa, Tetsunori Kobayashi, Yoshihiko Hayashi, Incorporating visual features into word embeddings: A bimodal autoencoder-based approach, IWCS2017.
  6. 林 良彦. 2017. 言語学とAI : 自然言語処理技術の進展と言語学の役割, 人工知能学会誌 32(3), pp.384-393.
  7. Kentaro Kanada, Tetsunori Kobayashi and Yoshihiko Hayashi. Classifying Lexical-semantic Relationships by Exploiting Sense/Concept Representations, EACL 2017, SENSE Workshop.
  8. Yoshihiko Hayashi. Predicting the Evocation Relation between Lexicalized Concepts, COLING 2016, pp.1657-1668.
  9. Yoshihiko Hayashi and Luo Wentao. Extending Monolingual Textual Similarity to Multiple Cross-lingual Settings, LREC 2016.
  10. Yoshihiko Hayashi. A Framework for Cross-lingual/Node-wide Alignment of Lexical-Semantic Resources, LREC 2016.
  11. Shinya Fujie, Ishin Fukuoka, Asumi Mugita, Hiroaki Takatsu, Yoshihiko Hayashi, Tetsunori Kobayashi. A Spoken Dialog System for Coordinating Information Consumption and Exploration. ACM CHIIR 2016.
  12. Yoshihiko Hayashi. 2014. Web-imageability of the Behavioral Features of Basic-level Concepts. Proc. of the 9th edition of the LanguageResources and Evaluation Conference (LREC 2014), pp.3609-3614.
  13. Yoshihiko Hayashi. 20 13. Blending Two Kinds of Semantic Relatedness for Cross-language Matching of Lexical Concepts. Proc. of 10th International Conference on Terminology and Artificial Intelligence (TIA 2013), pp.35–42.
  14. Yoshihiko Hayashi, Bora Savas, Monica Monachini, Claudia Soria, and Nicoletta Calzolari. 2012. LMF-aware Web Services for Accessing Semantic Lexicons. Language Resources and Evaluation,46(2): 253–264.
  15. Yoshihiko Hayashi. 2012. Computing Cross-lingual Synonym Set Similarity by Using Princeton Annotated Gloss Corpus. Proc. of 6th International Global WordNet Conference (GWA 2012), pp.131–141.
  16. Yoshihiko Hayashi and Chiharu Narawa. 2012. Classifying Standard Linguistic Processing Functionalities based on Fundamental Data Operation Types. Proc. of the 8th edition of the Language Resources and Evaluation Conference (LREC 2012) pp.1169-1173.
  17. 林 良彦,永田昌明,Bora Savas. 2012. 言語横断情報検索における画像手がかりを用いたインタラクティブな翻訳曖昧性解消の評価. 情報処理学会論文誌:データベース,Vol.5, No.2, pp.26–35.
  18. Yoshihiko Hayashi. 2011. A Representation Framework for Cross-lingual/Interlingual Lexical Semantic Correspondences. Proc. of 9th International Conference on Computational Semantics (IWCS 2011), pp.155–164.
  19. Yoshihiko Hayashi, Thierry Declerck, and Chiharu Narawa. 2010. LAF/GrAF-grounded Representation of Dependency Structures. Proc. of the 7th edition of the Language Resources and Evaluation Conference (LREC 2010), pp.1990-1995.
  20. Katsutoshi Ohtsuki, Katsuji Bessho, Yoshihiro Matsuo, Shoichi Matsunaga, Yoshihiko Hayashi. 2006. Automatic Multimedia Indexing. -Combining Audio, Speech, and Video Information to Index Broadcast News-. IEEE Signal Processing Magazine, Vol.23, No.2, pp.69-78.

著書等

 

  1. Yoav Goldverg (著), 加藤 恒昭・林 良彦・鷲尾 光樹・中林 明子 (訳), 2019. 自然言語処理のための深層学習, 共立出版.
  2. Marieke van Erp, Sebastian Hellmann, John P. McCrae, Christian Chiarcos, Key-Sun Choi, Jorge Gracia, Yoshihiko Hayashi, Seiji Koide, Pablo N. Mendes, Heiko Paulheim, Hideaki Takeda, (Editors). 2017. Knowledge Graphs and Language Technology, Lecture Notes in Computer Science 10579, Springer.
  3. Christopher D.Manning , Hinrich Schutze (著), 加藤 恒昭・菊井 玄一郎・林 良彦・森 辰則 (訳), 2017. 統計的自然言語処理の基礎, 共立出版.
  4. 林 良彦, 2017. 「言語的オントロジー」,人工知能学会 (編),人工知能学大事典,共立出版.
  5. 林 良彦, 2012. 「言語的オントロジーの構築と展開」, 來村徳信 (編著), オントロジーの普及と応用. オーム社.
  6. Yoshihiko Hayashi, Monica Monachini, Bora Savas, Claudia Soria, and Nicoletta Calzolari. 2012. LMF as a Foundation for Servicized Lexical Resources. In: G. Francopoulo (Ed.) LMF Lexical Markup Framework. pp.201–214, Wiley.
  7. Yoshihiko Hayashi, Thierry Declerck, Nicoletta Calzolari, Monica Monachini, Claudia Soria, Paul Buitelaar. 2011. Language Service Ontology. In:T. Ishida (Ed.) The Language Grid: Service-oriented Collective Intelligence for Language Resource Interoperability, pp.85–100, Springer.
  8. 林 良彦. 2010. 「言語処理と機械翻訳」, 「情報アクセス」, 白井克彦 (編著), 音声言語処理の潮流. コロナ社.
  9. 林 良彦. 2009. 「オントロジー」(編集・執筆を担当), 言語処理学会 (編), 言語処理学事典. 共立出版.
  10. 池原 悟,宮崎正弘,白井 諭,横尾昭男,中岩浩巳,小倉健太郎,大山芳史,林 良彦. 1997. 日本語語彙大系. 岩波書店, (CD-ROM版 1999)

 

 

© 2015 Perceptual Computing Group, Waseda University. All Rights Reserved